5月17日(火)

佐々木、すごいな。

 

わたしがいつからかわからないけれどずっと持ってる

「ちょっと悲しい」みたいな気分を、

ハイデッガーが「なんとなく退屈」という言葉で説明しているらしい。

ハイデッガーの退屈論について説明した箇所を読むと、

「そうそう、それのこと!」

しかし筆者によるとハイデッガーが最後に提示する解決策は納得できるものではなく、

筆者があらたに解決策をうみだしてくれるらしい。

その部分はこれから読む。

もしそれによって解決されたら、ラッキー。

しかしおもうに、いわゆる充野のような完全根アカ人間はこのハイデッガーのいう第3の形式の退屈「なんとなく退屈」とかがないんじゃないだろうか。。。?

高本がいってた「何にも興味もてない、好奇心がなくなっちゃって、だから誰かを愛して癒されたい俺」もつまりは「なんとなく退屈」なんじゃないだろうか。

もしこの本によってわたしの「いつもちょっと悲しい」を解決することができたら、

彼にこの本をあげよう