6月17日(金)

ようやく読み終えた本のせいだと思うけど、疲れた。

 

疲れたので、充田に連絡をとってみる。

なんで疲れると充田に連絡をとるのだろう。

よくわからないけど、たぶん、いい感じにわたしにとってどうでもいいし、

いいかんじにむこうにとってもわたしがどうでもよくて、

しかし人としては基本的に親切だ、

という点がいいのではないかと思う。

 

邪険に扱っても気にしなさそうだし、

邪険に扱われても傷つかないし、

しかし人間としてそれなりの接し方をしてくれる、

というところが疲れに効く、ような気がする。

 

「ぼくはあなたに会えたことをきっと幸せにおもうはず」というのがあったけど、

そういうひとだれかいるだろうかと考えて、

何人かが思い浮かび、

そのあとに、

しかしすっごく嫌いだと思ってた人と会えたことも、

まあ幸せに思うような気もした。

 

乳がんになったのが麻央じゃなくて自分だったら全体的にベターだったのに