7月25日(月)

夫に、「あなたの仕事は半分は遊びなんだから」的なことを言ったら、

ずいぶんへそをまげられた。

やる気なくなった、ということだ。

 

「遊び」というのは随分イメージがわるいらしい。

上記の発言は、「だから、家のことはちゃんとやってよね!」とつづくので、

まあ非難のことばなのだけど、

「仕事」を「遊び」としょうしたことで気分がわるくなる、というのもへんなはなしだ。

「仕事」が「遊び」だなんて、めっちゃいいのに。

そして、もし彼の「仕事」がぜんぜん「遊び」じゃないなら、

たんに、めっちゃきつい、拘束時間の長い、仕事ということになるから、

彼はとってもかわいそうで、さっさと転職するか、最悪やめてフリーターになったとしても、そのほうがましなんじゃないかとおもうけど。

 

同じ業界ではたらいていた某すきなひとに、泊まり込みで仕事なんて大変ですね、

といったことがあるけど、全部好きでやってるから全然たいへんではない!(体力的にはきついこともあるけど)というような回答で、なるほどそうだな、と思った。

(だが、彼の家族はそれなりの被害をこうむったのではないかと思われる。。。)

 

このへんをいまいちど説明してみようじゃないか!

そして夫のしごとがただのつらい仕事なら、転職活動をうながしてみよう!YES!