読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月9日(金)

親が何かしようとすると、かならず子が熱をだす、という話はきくけど、

わたしは最近自分が熱を出す!でも自分なら無視すればとりあえずOK!

とりあえず精神状態はまずまずなところにもってこられた。

昨日までならあぶなかった!完全に挙動不審者になっていた!よかった!

 

メールのやりとりをしている本屋さんがはじめて自分で選んだ本、

というのをすっかり忘れていたけど、そういえばわたしも持っていて!

しかもけっこうしょうもない本だったから、なんかとてもよかった。

 

むかしも思ってたし、今もわからないままなのが、

読書感想文。

あれはいったい何をかけばよくて、なんのためのものなの????

ひたすら、「印象に残った場面は〜」って書いてた記憶あり。

 

そういえば、バスケットゴールにのぼってたのしかった、みたいな作文を小学生のときにかいて、

担任の先生が、懇談で、バスケットゴールにのぼったのはよくないことですけど(あぶないから)、

この作文はとってもすてきです、

って褒めてくれて、学級新聞にものせてくれて、

うれしかった、のをふいに思い出して、いまもうれしい。

 

その先生は、そういえば毎日全生徒と交換日記をしていて、わたしが書く事がなくなって、

ガムデンタルリンスのうらに書いてある説明や成分表示をぜんぶかきうつして、

これをよんでいるうちにうんこがでてよかったです。

とかいたのにも、なんだったか忘れたけど、すごく真面目にコメントをくれていた気がする。