読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月15日(木) 正原

なぜか、中学の1、2年間くらいだけ塾で一緒だった男子が夢に出てきた。

とくに思い入れはないのに、不思議だ。

彼は(夢の中で)ぴかぴかに磨いた自分の部屋に、ごちそうを用意して、

わたしを迎え、「ちょっと思うんだけど、ちゃんと試験の勉強はしたほうがいいよ」

みたいなことをごにょごにょと言った。

 

ねえ、なんの試験?!なんの試験がまちかまえてるの?!

 

ふと思ったけど、

将来、子が「なんで勉強なんかしなくちゃいけないのー?」ってきいてきたときに、

それなりに答えられる気がする。