10月8日(土)午前中

あえて、朝、というには遅すぎるけど、午前中のうちに書いておこう。

 

もうかっこつけずに認めよう、

わたしは「人間」なんてとくに好きじゃない。

「映画」と同じ。

すきな映画はいくつかあるけど、映画がすきなわけじゃない。

映画に関しては数年前に判明し、あっさりと認められた。

人間にかんしても同じだと今認めよう!

そして潔く諦めよう、

愛していないひとから愛されることを!

「人間」がすきじゃないんだから、「さみしい」と思うこともしかたないし。

でも、錯覚してはならないのは、

ときどき「さみしい」と思うからといって、人間がすきってわけじゃない、ということ。

 

翻訳をしているときは、いつも静かだ。